新宿のレーザー脱毛は痛くないもの?

レーザー脱毛は痛くないって本当でしょうか?現在の新宿エリアのレーザー脱毛は脱毛機器が進化し、一度の照射で広範囲を短時間でケアできるようになりました。

そのため、一瞬の痛みを感じても、施術している時間自体が短く済むようになっています。

少し前の世代では、針を毛穴に刺してひとつひとつ脱毛をしていく針脱毛という施術法が主流でした。

これは痛みも相当ですが時間も長くかかるため、脱毛にかかる時間、体力、気力、コストが膨大で、なかなか踏み切れないと感じていた人が多かったのです。

レーザー脱毛の痛みを説明する際には良く、輪ゴムではじいたような感覚などといいます。

実際、バチンという音とともに、軽い衝撃がかかります。

痛みを感じる感覚には個人差がありますから、人によっては痛さを強く感じる人がいるのも事実でしょう。

しかし、針脱毛に比較すると、痛みは軽減されています。

レーザー脱毛は黒い色に反応して熱エネルギーを発します。

そのため、ムダ毛をあらかじめ自己処理で抜くなどせずに、軽くかみそりをあてて剃った状態でクリニックへ出向きます。

この際注意したいのは、かみそりによる自己処理をしていかないと、当然クリニックで剃ってもらうことになり、これを別途料金として請求されるところが新宿エリアでも多いです。

毎回やっているとかなりのコストになります。

また、日焼けで真っ黒に焼いてしまった肌だと、必要以上に熱エネルギーを発してやけどのリスクが高まります。

ほくろなども位置をあらかじめ説明して、やけどにならないよう留意をしましょう。

◇参照サイト>>【URL:http://www.sunlidays.com/